忍者ブログ
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]

DATE : 2018/02/23 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/12/18 (Mon)

厚生労働省が検討している労働時間規制の緩和策について

、20-40代の会社員の73%が全く知らないと答えていることが18日、

インターネットを使った連合のアンケートで分かった。
 

厚労省は、一定の年収などを条件に「1日8時間、週40時間」

の労働時間規制を撤廃するホワイトカラー・エグゼンプション(適用除外)

の導入を検討中。来年の通常国会での法改正を目指しているが、

制度が一般には浸透していないことが浮き彫りになった。
  

導入への賛否は「反対」が最多で46%。次いで「よく分からない」が40%、

「賛成」が14%だった。「内容まで知っていた」と回答した人では「反対」が73%に上った。
 

賛否の理由を自由記述で聞くと、反対の人は「無制限に残業を強いられる可能性がある」

「サービス残業を制度で認めてしまう」など長時間労働を助長することへの懸念が強かった。

賛成の人は「人件費の削減につながる」などと答えた。

規制があっても、民間企業は「隠れ残業」が多いのが実態だ。

だというのに、厚生労働省が労働時間に制限をかけなくなれば、残業に動きに拍車がかかることは

必至だ。


PR
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]