忍者ブログ
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]

DATE : 2017/06/25 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/12/22 (Fri)

ライブドアLD)事件で、証券取引法違反の罪に問われた前社長、

堀江貴文被告(34)の論告求刑公判が22日、

東京地裁(小坂敏幸裁判長)で開かれた。検察側は

「犯意や共謀を否定するのは刑事責任を免れるための虚構で、思いつくままに場当たり的な弁解を繰り返している」

として、堀江被告に懲役4年を求刑した。

検察側は論告で、堀江被告は

「同社の業務全般にかかわり、LDグループの最高経営責任者の立場から総括指揮していたことが明白」

と主張。堀江被告の刑事責任は免れないとの姿勢を鮮明に打ち出した。

また、堀江被告が一貫して起訴事実を否認している点は、

「刑事責任を免れるためのその場しのぎのウソに過ぎない」

と述べ、法廷での堀江被告の姿勢を厳しい言葉で糾弾した。

さらに、検察側立証の基礎となっている元LD取締役、

宮内亮治被告(39)ら元側近4人の証言の信用性は高いと主張。

「当初は堀江被告をかばおうとまでしたが、犯行を主導した堀江被告が『おれ、知らないよね』などとの発言を繰り返し、不信感を抱いた。すべてを話そうと思ったとの理由は納得できる」

とした。

その上で、宮内被告らの証言内容は

「実際に体験した者でなければ供述し得ない具体的な内容。自分に不利なこともありのまま証言している」

とした。

論告などによると、堀江被告らは共謀し、

LDの平成16年9月期連結決算で、

自社株売却益を売り上げ計上するなどして、

約3億円の経常赤字を約50億円の黒字に粉飾した虚偽の有価証券報告書を提出するなどした。

PR
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
堀江被告に懲役4年求刑
ライブドア(LD)事件で証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載など)の罪に問われた元社長、堀江貴文被告の論告求刑公判が22日午前10時から東京地裁(小坂敏幸裁判長)で開かれた。検察側は「被告は利益を上げるため、何らためらうことなく、投資家を欺いた」などとし...
URL 2006/12/22(Fri)15:54:55
忍者ブログ [PR]